川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

骨の細胞が生きていることが大事!?

▽インプラント治療はとっても繊細!?

インプラント治療は、様々な要因によって、失敗することがあります。

その中のひとつに、手術中の手技というものがあります。

川越のインプラント歯科でも、この手術の手技に関しては、どのクリニックでも最大限の注意を払っていることでしょう。

手術中の手技というのは、いかに適切な方法で、インプラント体を顎の骨に埋め込むかということです。

何となく、インプラント手術というのは単純なイメージを持たれていること方もいらっしゃるかもしれませんが、実はとても繊細な手技を必要とする手術なのです。

▽インプラント体を埋め込む時は慎重に!?

具体的には、インプラント体を顎の骨にドリルで埋め込む時に、とても慎重にならなくてはいけないのです。

こういう説明は、川越のインプラント歯科でも、そこまで詳しくはされないかもしれません。

なぜなら、完全に歯科医師が注意すべきことだからです。

では、インプラント体を埋め込む際に、どういったことに注意して、オペを行っているのでしょうか。

▽ドリルでネジを埋め込む

川越のインプラント歯科でもそうですが、インプラント体を顎の骨に埋め込む際には、専用の器具を用います。

インプラント体は、言ってみればネジのようなものですから、これを顎の骨に埋め込むためには、ドリルのような器具が必要となるのです。

「顎にドリルで穴を開けるの?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはインプラント治療においては必要不可欠な処置なのです。

おそらく、川越のインプラント歯科でも、このことについては最初に説明があるかと思います。

問題は、このドリルで穴を開ける時の摩擦熱です。

例えば、日曜大工などで木材にドリルで穴を開ける時などは、摩擦で煙がでることすらあります。

これは、ドリルを高速で回転させて、木材に穴を開けるためです。

インプラント治療も同じで、ドリルを高速回転させると骨にものすごい摩擦熱が伝わってしまうのです。

すると、顎の骨の細胞が死んでしまうことがあります。

▽摩擦熱を抑えるには?

この摩擦熱を抑えるには、ドリルを作用させる際に、十分に注水するという方法を挙げることができます。

実はこれは、通常のむし歯治療でも行われていることです。

虫歯もドリルのような道具で削りますが、摩擦熱で歯が焦げてしまわないように、絶えず水を注いでいるのです。

川越のインプラント歯科でも、インプラント治療を成功させるために、そうした細かい配慮が成されているのです。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る