川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラントではCT画像も必要になる

▽インプラント治療ではCT撮影も行う!?

インプラント治療では、レントゲンとCTスキャンの両方を撮影することが多いです。

「歯医者さんの治療なのに、どうしてCTスキャンが必要なの?」と驚かれた方もいらっしゃることでしょう。

確かに、CTスキャンというと、体の病気などで撮影するものですから、意外に思いますよね。

けれども、これにはきちんとした理由があるのです。

そこでまず、CTスキャンとレントゲンの違いについて考えてみましょう。

▽CTスキャンとレントゲンについて

レントゲンというと、歯医者さんでは普通の虫歯でも撮影しますよね。

特定の歯の部分だけを撮影するものをデンタルX線と呼びます。

上と下の顎全体を撮影するものをパノラマエックス線と呼びます。

川越の歯科であれば、インプラント治療を行っていないクリニックでも、この2つの画像を撮影することが可能です。

逆に言えば、デンタルとパノラマを撮影できない歯医者さんは、川越に限らず、全国にどこにもないと言えます。

その一方で、CTスキャンは異なります。

歯医者さんで使用されるCTスキャンを歯科用CTと呼び、かなり高価な機械となっています。

ですから、川越でインプラント治療を行っている歯科でも、全てのクリニックがこの歯科用CTを設置しているわけではないのです。

では、歯科用CTとレントゲンでは、実際にどのような違いがあるのでしょうか。

▽こんなにも違う!?歯科用CTとレントゲン

歯科用CTとレントゲンとでは、得られる情報がかなり異なります。

まず、レントゲンについてですが、これは毎回皆さんも、歯医者さんの治療でお目にかかるものかと思います。

川越の歯科でも、虫歯治療などを行う際には、まずレントゲン撮影するところがほとんどです。

ですので、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

レントゲンの画像というのは、普通のフィルム写真と同じように、2次元です。

そのため、奥行きがなく、正面から見た部分しか評価することができません。

一方、川越のインプラント歯科に置いてあるような歯科用CTは、画像が3次元で表示されます。

つまり、患者さんの顎の骨の深さや幅、それから長さなども正確に測ることができるのです。

ですので、どこにどういったインプラントを埋めてたら良いのか、という正確な判断ができるようになります。

そういったことから、川越のインプラントクリニックでは、歯科用CTを導入している所があるのです。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る