川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラント治療前後で使用する薬剤について

歯科治療では、あまり薬剤を使用するようなイメージはなく、虫歯治療や歯周病治療でも局所麻酔薬などを川越のインプラント歯科の中で使うくらいかなと思われている方も多いかと存じますが、インプラント治療となると話は変わり、川越の歯科で治療を受ける前後でいくつかの薬が処方されることがあります。

具体的には、鎮痛剤や消炎剤などがメインとなるため、特段不安に感じることもありませんし、川越のインプラント歯科では手技の上手い歯科医師によっては、術後に顎が腫れたり痛んだりすることもない場合もあり得るため、そもそもそうした薬剤を服用する必要もない患者さまもいらっしゃるかもしれません。

ただ、気を付けなければならないならないのは、インプラント手術を川越のインプラント歯科で受ける予定の方で、今現在、骨粗鬆症の治療薬などを定期的に服用しているケースで、そうした場合は、状態によってインプラント埋入後に顎骨壊死を起こすこともありますので、事前のカウンセリングの段階で自己申告しておきましょう。

実のところ、川越のインプラント歯科でインプラント手術を受けた患者さん方は、皆一様に、苦痛を感じなかったとおっしゃる事でしょう。

けれども、あまりに腫れが大きかったり、長引いたりすると、普段暮らしに支障をきたしてしまいます。

真っ先に第一、川越の歯科でも行われているインプラント治療では、手術時に静脈内鎮静法などで、苦痛を感じないステータスにしてくれます。

川越の歯科では、インプラント手術を行った後は、絶対苦しみ止めのお薬を処方してくれるはずです。

無論、インプラントを埋め込む歯茎周辺にも局所麻酔がかかりますので、手術中はほぼ痛さを感じないと言っても大げさではないでしょう。

インプラント手術では、歯茎を切開して、骨を削るという外科処置を伴いますので、細菌に感染する見込みが高まります。

顎の骨にチタン製のネジを埋め込んでいるのですから、そこそこ腫れるのは仕方がないのですよね。

川越の歯科でインプラント治療を受けると、絶対どこかにお薬が処方されるかと考えます。

▽抗菌薬や抗炎症薬も処方される

川越の歯科でインプラント手術を受けると、痛さ止めの他に、抗菌薬や抗炎症薬が処方されます。

しかし、苦しみが生じるケースは、苦痛止めを飲みましょう。

では、手術が終わった後は如何になのでしょうか。

でもご心配無用ください。

それ故、抗菌薬を飲んで、できるだけ細菌感染を起こさないように努めるのです。

おっしゃる通り、普通のむし歯治療でもそこそこの苦痛がありますから、インプラント治療となると、どれだけの苦痛が生じるのか心もとないな心の内になりますよね。

局所麻酔や静脈内鎮静法の影響は、手術が終わった後に、段々とその成果が薄れていきます。

それ故、放置すればそこそこの苦痛を感じる事があるかと考えます。

このお薬を決められた量を決められた時に飲んでいけば、痛さに悩まされる事はなくなる事でしょう。

インプラント手術は、それほど大スケールなものではないにしても、とどのつまり手術後にはお薬を飲んでおく必須があるのです。

ですので、川越の歯科では、インプラント手術後に抗炎症薬を処方し、顎の腫れを抑制するようにする時が多々あると言えます。

加えて、インプラント手術を受けると、顎が大きく腫れる事があります。

▽インプラント手術に対する痛み止め

川越の歯科に、インプラント治療をお願いして来院される患者さんの中には、インプラント治療に伴う苦しみを懸念事項する方が結構いらっしゃいます。

その痛さの強さは人各々で、川越のインプラント歯科で手術を受けた患者さんの中には、手術後も全く痛さを感じなかったという方もいらっしゃるくらいです。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る