川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

埋入部位によって異なるインプラントの偶発症

インプラントはフィクスチャーを埋入する部位によって気を付けるべきことが大きく異なりますので、最初の精密診断というのは徹底的に行うのが川越のインプラント歯科でも常識ですが、とくに要注意なのは重要な神経や血管がどこを走行しているかという点です。

例えば、下の顎の歯が抜けた場合にインプラントを埋入するのであれば、奥歯の近くには下歯槽神経や下歯槽動静脈といった大切な組織が走行していますので、川越のインプラント歯科でのインプラントオペではこれらの組織を絶対に傷つけないように配慮しなければなりません。

それが上顎のインプラントオペだった場合でも、また別のトラブルが起こり得るリスクがあり、それは上の奥歯の直上に存在する上顎洞という空洞で、もしもその空洞との距離を見誤ったインプラントオペをしたら、川越のインプラントオペは失敗に終わることがあります。

なぜなら、インプラント体であるフィクスチャーが上顎洞に突き出てしまい、本来の役割を果たさなくなるだけでなく、上顎洞炎などの炎症性疾患を起こしたり、また別の病気を引き起こしたりすする可能性も否定できないことを川越のインプラント歯科医は知っているからです。

川越にあるインプラント歯科でも、治療を受ける前に、こういった解説をしてくれるかと考えます。

▽インプラント治療では手術が不可欠

インプラント治療では、必然的に手術を行わなければなりません。

川越にあるインプラント歯科で、そうした医療事故が起こった事はないとは考えますが、全国的には、何個か重大な事故が起こっています。

理由を言えば、インプラント体というネジを顎の骨に埋め込まなければならないからです。

中でも気をつけなければならないのが、下顎の奥にインプラント体を埋め込むケースです。

▽神経を傷つけると後遺症が残る事も

ここにある神経を傷つけてしまうと、手術後に麻痺が残ってしまったり、顎の運動が不自由になる事があるからです。

血管に関しても、太くて大きな物が影響していますので、その位置を十分に意識して、手術を進めていく不可欠があります。

ところで、下顎に影響している価値があるな神経を「下歯槽神経」と言います。

それ故、手術のときにも出血をする事があるでしょう。

インプラントの治療では、時折トラブルが生じる事があります。

川越にあるインプラント歯科では、そういうトラブルは起こった事がないとは考えますが、一応、そうした危うい性があるという事は知っておきましょう。

川越のインプラント歯科でも、外科的処置を施して、インプラント体を埋め込みます。

さらに、CT検査も駆使して、必ずに医療事故が起こらないよう、万全を期しているはずです。

▽顎の周囲には価値がある神経や血管が走っている

インプラント体を埋め込む顎には、もちろんの事ながら、神経や血管が影響しています。

本当はこの時に、幾つかトラブルが生じてする見込みが潜んでいるのです。

川越のインプラント歯科でもそうですが、こういった箇所にインプラント体を埋め込むときには、より一層配慮を払う事となります。

ブリッジや入れ歯を組み立てするのであれば、こういった外科処置を行う事はないのです。

ですので、良い面の多々あるインプラント治療の中で、数少ない悪いところとしてこの点をあげる事ができます。

このように、インプラント治療では、とりわけ気をつけなければならない部位が影響しているのです。

理由を言えば、この下顎の周囲には、とりあけ重要な神経や血管が走っているからです。

ですから、川越のインプラント歯科でも、下顎のインプラント治療を行うときには、前もって検査を綿密に行うようにしています。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る