川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

なぜインプラント治療には純チタンが使われるのか

歯科治療ではいろいろな金属が使われ、川越のインプラント歯科でも補綴治療にさまざまな歯科用合金を使って、詰め物や被せ物などを製作しますが、インプラント治療に関しては純チタンという非常に珍しい金属を使用することを埼玉の川越にお住いの方はご存知でしょうか。

純チタンってなに、という方も珍しくないほど、あまり日常的な材料ではない金属ですが、川越のインプラント歯科では必ずと言って良いほどこの金属を使ってインプラントオペを実施して、人工歯根を顎の骨の中に埋入するという処置を施しますので、患者さまは知っておられる方もいらっしゃることでしょう。

純チタンは生体親和性に優れた金属で、金属アレルギーを起こすリスクが小さいだけでなく、顎の骨と時間をかけて徐々に結合する性質があるため、川越のインプラント歯科ではフィクスチャーとして川越の患者さまの顎に埋め込むことを行っています。

実のところは、心臓のペースメーカーに使用されたり、骨を骨折したときのボルトとして使用される事もあります。

ありきたりの金属であれば、体が異物と認識して、金属アレルギーを起こしたりします。

このように、チタンという金属は、インプラント治療だけではなく、たくさんな手法で、私たちの体を守ってくれているのです。

けれども、チタンであれば、驚くべき事に、ヒトの骨と組み合わせするという特殊な特性を持ち合わせているのです。

そこに、インプラント体と呼ばれるネジを埋め込み、アバットメントを取りつけ、他にもその上に上方組成と呼ばれる人工歯を装着するのです。

すると、治療が挫折してしまって、インプラントが脱落してしまうのです。

川越の歯科でも行われているインプラント治療では、チタンという金属を使用します。

何となく、硬くて高価な金属という印象があるくらいでしょう。

▽歯の根っこのところにチタンを用いる

では、インプラント治療では、どこでこのチタンという金属を使用するのでしょうか。

そんな訳で真っ先に、インプラント治療が適用される症例について心積もりてみましょう。

▽チタンが使われているのはインプラントだけではない

骨と繋ぎ合わせするなんて、かなり素晴らしい特性ですよね。

川越のインプラント歯科でもそうですが、インプラント治療が適用されるのは、歯が抜け落ちた症例です。

▽チタンはヒトの体と相性が良い

なぜ、インプラント体にチタンを使用するかというと、それは人体との親和性が良いからです。

それ故、川越のインプラント歯科でも、チタン製のインプラント体を埋め込む事によって、インプラント治療を正常に行う事が出来ているのです。

そう思いめぐらす と、川越の歯科で行われているインプラント治療も、スペシャルなものには思えなくなってきませんか?。

川越のインプラント歯科で行われる治療でも、その硬くてわりと高価なチタンを使って、インプラント手術を行います。

チタンと言っても、普段暮らしではあまり馴染みがないため、どのような金属なのか心象しにくいかもしれませんね。

ですから、チタンという金属が治療に使われているのは、インプラントだけではないのです。

このうち、歯の根っこのところであるインプラント体にチタンが使われます。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る