川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

フィクスチャーが骨と結合するには生きた細胞が必要

フィクスチャーというのは、いわゆるインプラント体のことで純チタンでできた人工歯根の部分にあたるもので、これが骨と結合することをオッセオインテグレーションと呼び、川越のインプラント治療の合否を分けるプロセスといっても過言ではありません。

ですから、オッセオインテグレーションを成功させるために、川越のインプラント歯科では事前の精密検査や精密診断などを欠かすことなく、インプラントオペに至っても患者さまの体調から全身管理に至るまでを徹底することで、インプラント治療を成功へと導いていきます。

といっても、やはり大切なのは川越の患者さまの顎の状態で、例えば最先端のインプラント体を使って、サージカルガイドも利用したとしても、患者さまの顎の骨の細胞が死んでしまっていたら、川越のインプラント歯科におけるインプラントオペは失敗に終わつてしまうことも十分考えられるのです。

一例を挙げれば、日曜大工などで木材にドリルで穴を開ける時などは、摩擦で煙がでる事すらあります。

川越のインプラント歯科でも、インプラント治療を成功させるために、そうした細かい配慮が成されているのです。

実を言えばこれは、いつものむし歯治療でも行われている事です。

▽ドリルでネジを埋め込む

川越のインプラント歯科でもそうですが、インプラント体を顎の骨に埋め込むときには、専門の器具を用います。

おそらく、川越のインプラント歯科でも、この事については一番目に解説があるかと考えます。

問題は、このドリルで穴を開ける時の摩擦熱です。

インプラント体は、言ってみればネジのようなものですから、これを顎の骨に埋め込むためには、ドリルのような器具が必須となるのです。

虫歯もドリルのような道具で削りますが、摩擦熱で歯が焦げてしまわないように、絶えず水を注いでいるのです。

「顎にドリルで穴を開けるの?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはインプラント治療においては必須必須な処置なのです。

▽インプラント治療はかなりデリケート

インプラント治療は、多彩な要因によって、間違いする事があります。

川越のインプラント歯科でも、この手術の手技に関しては、どのクリニックでも最大限の配慮を払っている事でしょう。

▽インプラント体を埋め込む時は注意深く

具体的には、インプラント体を顎の骨にドリルで埋め込む時に、相当注意深いにならなくてはいけないのです。

すると、顎の骨の細胞が死んでしまう事があります。

▽摩擦熱を抑制するには?

この摩擦熱をセーブするには、ドリルを作用させる場合に、十分に注水するというメソッドを挙げる事ができます。

では、インプラント体を埋め込むときに、如何にいった事に用心して、オペを行っているのでしょうか。

こういった解説は、川越のインプラント歯科でも、そこまで突っ込んではされないかもしれません。

理由を言えば、パーフェクトに歯科ドクターが配慮すべき事だからです。

その中のひとつに、手術中の手技というものがあります。

手術中の手技というのは、いかに適切なメソッドで、インプラント体を顎の骨に埋め込むかという事です。

これは、ドリルを高速で回転させて、木材に穴を開けるためです。

何となく、インプラント手術というのは単純な印象を持たれている事方もいらっしゃるかもしれませんが、その実非常にデリケートな手技を必須とする手術なのです。

インプラント治療も同じで、ドリルを高速回転させると骨にものすごい摩擦熱が伝わってしまうのです。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る