川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラントはどのくらい耐久性が高いのか

インプラントといえば、チタン製の硬い素材で作られた人工歯根ですが、川越のインプラント歯科でもそうしたインプラント治療に関する歯科材料について、患者様に説明する際には、素材の耐久性について詳しく解説することもあるかと思われます。

というのも、体の中に入れるのがインプラント治療の特徴であり、やはりそうなると川越のインプラントオペによって、顎骨へと埋入する金属製の素材については、一度入れたらそう簡単には取り出すことはできないため、生体との親和性だけでなく、チタンという素材そのものの耐久性についても患者様が良くご理解いただいておかなければなりません。

ちなみに、インプラント治療では川越のインプラント歯科に限らずとも、フィクスチャーと呼ばれるパーツは基本的にチタンが採用されるものですが、これは川越の歯科の患者様もよくご存知のように、チタンという金属そのものが生体親和性に優れ、埋入後のトラブルが少ないという理由があるからです。

それは、先ほど述べたような、オーラルケアやメンテナンスを適切に行っているか如何にかです。

川越の歯科でも、そうした入れ歯のような補綴装置を定期的製造している事でしょう。

では、こうした補綴装置というのは、どれほどの耐久性を持っているのでしょうか。

これは大いに稀な事例ではありますので、川越の歯科ではこうしたインプラント患者さんはいないのではないでしょうか。

実のところ、川越の歯科でインプラント治療を受けた事がある人は、それを補綴装置と解説されているかもしれません。

▽インプラントは40年以上持つ?

さて、実のところに今後川越の歯科でインプラント治療を受けたとしたら、その後どれだけ、正常に利用し続ける事が可能なのでしょうか。

けれども、患者さんの中には、1年も経たない内にインプラントがダメになった人もいます。

では、インプラントが40年も持っている人と、数ヶ月で脱落してしまう人とでは、何がことなるのでしょうか。

▽インプラントも補綴装置の仲間?

歯医者さんでは、お口の中に諸々な装置を装着してくれます。

けれども、実のところはインプラントにも寿命はあります。

その上、川越の歯科で埋め込まれるインプラントも、チタンなどの金属でできているものですから、時が経つにつれて老朽化していくのです。

これを補綴装置と呼びます。

真っ先にスタート出来に、インプラントに使用される純チタンという材質自体は、半永久的に使用可能なものだと言われています。

お薦め理解いただけやすいのが入れ歯ですね。

というのも、世の中で初めて埋め込まれたインプラントは、約40年前のものなのですが、その患者さんは実際直近でも、そのインプラントでご飯をキッチリと食べています。

それ以外、ブリッジやインプラントなども補綴装置の仲間であると言えます。

一方で、インプラントというのは、一度埋め込んでしまえば、一生有用ものと思い込んでいる人も少なくないのです。

それだけに、原材料費がちょっと高くはなっています。

そして、そのチタン製のインプラントを埋め込んで、その後も適切なオーラルケアやメンテナンスを行っていけば、普通にインプラントが壊れる事はないようです。

▽インプラントにも寿命がある

冷蔵庫にしてもPCにしても、何かを購買する場合には、そのアイテムの耐久性が見過ごせないものです。

川越の歯科でインプラントを埋め込もうと心積もりている患者さんたちも、インプラントがどれほど持つのかがなかなか気になっているようです。

造作なくに言えば、何年くらい持つのかという事ですね。

あるいは、インプラントの手術自体が間違いしている見込みも高いと言えます。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る