川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

気になるインプラントと差し歯の違いやそれぞれの長所と短所

▽差し歯もインプラントも処置が大掛かり

川越の歯医者で差し歯の治療を受けた経験がある方ならわかると思いますが、インプラント治療は差し歯とは根本的に治療法が異なります。

どちらも川越の歯科治療では大掛かりな処置といえるのですが、どちらかといえばインプラント治療の方がいろいろ処置することが多いかと思います。

そこで今回は川越の歯科で受けるインプラント治療と差し歯の治療の違いについて、いくつかの点で比較していきいたいと思います。

▽インプラント体は人工歯根の役割を果たす

インプラント治療の大きな特徴として、インプラント体と呼ばれる人工歯根をあげることができ、川越の歯医者でも人工歯根の有用性については患者さんにきちんと伝えているかと思います。

私たちの歯は歯根という土台、あるいは根っこがあることで顎の骨や歯茎の上で安定して存在しており、川越の歯科治療でもインプラントに限らずこの点を重視して治療法を選択していることかと思います。

ですから、インプラント治療を川越の歯科で受けるということは、失った歯冠だけでなく歯根までもある意味で再生させることが可能といえます。

とはいっても、川越のインプラント治療で埋入されるインプラント体というのはチタンという金属で作製されており、本物の歯根とは根本的に異なることを知っておいてください。

▽差し歯は歯根が残っているケースに適用

一方、川越の多くの歯医者でも行われている差し歯の治療では、インプラントの人工歯根に相当するような部位は存在していません。

けれども実は、差し歯の場合はまだ本物の歯根が残っていることが前提となっていますので、川越のインプラント治療をそもそも適用できないケースがほとんどといえます。

もしも川越の歯科で差し歯が第一選択となった場合でも、患者さんがより快適で優れた治療を望んだ場合は、差し歯ではなくインプラント治療を受けることが可能です。

その場合は、顎の骨に残っている歯根の部分を抜き取ることとなりますが、長い目で見れば川越のインプラント治療を受けた方が予後が良いということも十分にあり得るのです。

▽ケースに応じて使い分ける

このように差し歯とインプラントでは、そもそも適用できるケースが異なるため、単純に比較することが難しく、川越の歯医者も必要に応じてインプラント治療を勧めたり、差し歯の治療を勧めたりしていることかと思います。

それでも、とにかく川越でインプラント治療を受けたいと強く希望する患者さんは一定数いらっしゃるかと思います。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る