川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラントと一般的な補綴物との違い

川越の歯科には、いろいろな歯科治療を施すクリニックが開業しています。

入れ歯や差し歯などを川越の歯科クリニックで入れてもらった患者様もいらっしゃるかと思います。

こういった補綴物というのは、インプラントとは異なり、最終的にはとてもシンプルな形で口腔内に装着されます。

入れ歯は取り外しが可能な補綴物ですので、簡単にいうと口腔内にはめるだけですので、インプラントとは異なりますよね。

差し歯に関しても、予め川越の歯科で歯を適切な形に削ってもらい、そこへ差し歯を被せる処置を施すのですが、歯質と補綴物は接着剤で結合しています。

もちろん、川越の歯医者が使用しているのは歯科用の特別な接着剤ですが、形としてはとてもシンプルで、インプラント治療とは大きく異なることがわかります。

では、川越の歯科でも行われているこういった補綴処置とインプラント治療には、どのような違いがあるのでしょうか。

▽インプラントは骨と結合する

川越の歯科で受けるインプラント治療には、インプラントを埋入する手術を伴います。

この時行われる手術では、川越の歯科でもインプラント専用の個室を用意しているクリニックが多いかと思います。

総合病院などの大きな手術室とまではいきませんが、リラックスできてプライバシーも確保できるような最適な空間を用意しているクリニックが川越のインプラント歯科には多いかと思います。

そこで歯茎をメスで切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込むのですが、川越のインプラント歯科でも説明がある通り、単に挿入して終わりというわけではないのです。

インプラントは金属でできていますが、顎の骨と自然に結合していく性質があります。

ですから、インプラント手術の際に接着剤といったものを使用する必要はないのですが、骨と結合するまでには少し時間がかかります。

どのくらいの時間がかかるかは、患者様のお口の状態にもよりますので、詳しくは川越の歯科に聞いてみましょう。

そして、顎の骨の状態が悪い場合は、インプラントと骨が結果的に結合せず脱落してしまうことがありますので、十分な注意が必要となります。

川越のインプラント歯科では、治療後にインプラントが脱落してしまうような状況を避けるため、事前の診断を徹底的に行っていることでしょう。

特に骨の状態や、歯周病の進行状況などに注目して、川越ではインプラント治療を進めていくのではないでしょうか。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る