川越でインプラント治療をするなら最新CTを備えた川越インプラント情報サイトで。川越駅近くのまつむら歯科クリニック監修、分かりやすい価格で保障体制も万全です。

ナビボタン
初診予約 無料ご相談窓口
tel:0120-648889

インプラントの適応症について

川越の歯科には、インプラント治療を専門に行っているクリニックが複数存在しています。

そういったインプラント歯科には、毎月沢山の患者さんが来院されてきます。

では、そういった患者さん全てにインプラント治療を施すことは可能なのでしょうか。

▽適応症という概念

川越のインプラント歯科で行われているインプラント治療に限らず、どんな治療でも適応症というものがあります。

つまり、どういった症状や体の状態の患者さんに対して、治療を施せるかどうかという意味ですね。

例えば、まだ乳歯しか生えていないのに、ブリッジや入れ歯を入れる治療は行えませんよね。

これは、このケースが適応症ではないからです。

インプラント治療でも同様に、適応症というものが存在しています。

川越のインプラント歯科に訪れてくる患者さんに対しては、まずこのインプラントの適応症に当てはまっているかを見ることになります。

▽インプラントの適応症について

インプラント治療の適応範囲というのは、その他の歯科治療と比べて、比較的広いといえます。

なぜなら、歯を1本を失った場合でも、全部の歯を失った場合でも、インプラント治療を施すことが可能だからです。

どちらのケースも、川越のインプラント歯科では実施されている治療です。

一方、詰め物や被せ物の適応範囲というのは、インプラントと比べてかなり狭いですよね。

ただし、インプラント治療は歯を失って初めて行えるものです。

あるいは、抜歯をしなければインプラント体を埋め込むことはできません。

そういったことから、重症度の高い虫歯になったり、交通事故などで歯を失った際に実施されたりします。

では、インプラントの適応症から外れるケースというのは、一体どういったものなのでしょうか。

▽顎の骨の状態は最重要!

川越の歯科でも行われているインプラント治療では、顎にチタン製のボルトを埋め込みますので、顎の骨がしっかりしていなければなりません。

つまり、重度の歯周病にかかると、顎の骨が吸収されていきますので、インプラント治療が難しくなることがあります。

あるいは、もともと顎の骨の厚さや幅が足りていない場合も、インプラント体を埋め込むのが困難となりますので、インプラント治療の適応外になり得ます。

ただ、こういったケースでも歯周病の治療を完了させたり、不足している顎の骨を増やすことによって、インプラント治療が可能になることもあります。

ですので、そういった方はまず、川越のインプラント歯科に相談してみましょう。

骨の状態をCTやレントゲンが確認して、治療が可能かどうかを判断してくれます。

ご来院案内
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-648889 049-244-0252 お気軽にお問い合わせください
インプラント相談窓口・お問い合わせはこちら
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-18ニューパレスビル2F
JR川越線、東武東上線 川越駅徒歩1分
火水金 9:00~13:00 14:30~18:30
月木土日 9:00~13:00 14:00~18:00
祝祭日 9:00~13:00
川越インプラント情報サイト | 川越駅至近まつむら歯科クリニック監修外観

TOPへ戻る